ようこそ、$LAST_NAME$様

JOJOBA STORIES 現代の女性 スタイリスト安野ともこ氏

3ヶ月使い続けてみてホホバオイルの凄さを実感しました。

欲しい物をひとつあきらめてでもエステに通おうと決めたのは、23歳の時でした。
肌にトラブルがあったわけではありませんでしたが、人と接する際には素肌を誇れることが自信となり、すべてのモチベーションの向上に繋がるような気がしたのです。

30歳をすぎても、ファンデーションは付けずにほとんど素顔でいました。
36歳で一人目の子供を出産、その頃からはトラブルも生じ、それでも、やっとUVカットの下地クリームを付けるようになったのは40に近くなってからだったと思います。

NATURAL ORCHESTRAのオーガニックホホバオイルを知ったのは昨年の秋のことです。そしてそれは私のスキンケア人生における、センセーショナルな出逢いとなりました。

とても信頼のおける美容家の方からのアドバイスだったので、もう、すべてを受け入れ、まずは今までの化粧品を全く使用せずに試してみる事 にしました。

安野氏

オイル系の化粧品は使い心地が悪い、という先入観があり、最初は直接顔に付けることにさえ抵抗を感じましたが、実際に使用してみるとベタつきがなく、数分で肌になじみサラッとしてきて、まず、そのことでオイルに対する見方が一変しました。

もちろん、いきなりなにか変化が見られるということはなく、三日もするとついつい今までのクリームとの併用を始めてしまい、今までも時々できていた吹き出物が出て、そのことでこれは自分には合わないのではないかと思ったりもしました。 しかし、あきらめずもう一度水とホホバオイルのみの使用に戻し、今度は徹底的にクレンジングにも用いてみました。

入浴の際、まずコットンにオイルを含ませ、マスカラなどの部分メイクを拭き取った後にオイルでメイクを落とします。
そして洗顔行った後、たっぷり顔に延ばして、そのまま入浴しバスタブに浸かってマッサージをしてみました。
頭皮と髪にも使用しました。
オイルをつけてマッサージをし、しばらく放置してからシャップーすると、泡立ちも良く洗い上がりの指通りが違いました。
タオルドライした髪全体に3〜4滴をなじませてからドライヤーで乾かすと、長年の悩みだったぱさつきと広がるくせ毛が見事に落ち着いていて、これにはとても感動しました。

美容液や化粧水と併用してみたり、しばらくは試行錯誤の繰り返しでしたが、いつの間にか吹き出物が気にならなくり、肌に張りが出てきて、それからは一切吹き出物の心配がなくなりました。
気が付くと肌のくすみも気にならなくなり、顔にツヤが出たように思います。
髪質もいつの間にか変わったようで、久しぶりに逢う友人や知人には、化粧品は何を使っているのか、とよく質問されるようなりました。

最近は、毎晩顔を洗ったあとオイルを付けてほっとする時間が来るのが楽しみになり、頻繁に通っていたエステも、これまではトラブルの駆け込み寺だったのが、今ではリラクゼーションの場に変わりました。

ホホバオイルは、半永久的に酸化しない奇跡のオイルだと言われています。
しかも、一年間で20ccの水だけで育つホホバの木は、干ばつの土地を救う大きな産業となり、また、生い茂る葉は地面の温度を下降させ、地球の温暖化を減速させることにも役立つと聞きました。

自分が綺麗になりながらにして、地球を救う手助けができるのなら、こんな素晴らしいことはありません。

これから、一人でも多くの方がこのNATURAL ORCHESTRAの「ホホバオイル」のことを知り、それを使用されることによって、干ばつの大地にたくさんのホホバの木が生い茂る日が来ることを心から望んでおります。安野 ともこ

PROFILE

埼玉県出身。モデル、歌手、執筆、ビジュアルディレクションなど多方面の活動を経て、衣装のスタイリングを開始。CM、映画、舞台、TVドラマのスタイリングを中心に活動。衣装デザイナーとしては、フィギュアスケート浅田真央選手のコスチューム等も手がけている。2007年秋にはジュエリーブランドCASUCAを立ち上げ、更に今夏、下着ブランドとのコラボレーションでかねてより構想のインナーウェアAROMATIQUE | CASUCAを発表。

現在はジュエリーデザインやスタイリストの仕事に加え、フィギュアスケート浅田真央選手のソチオリンピックや エキシビシジョンのコスチュームデザイン・製作など、衣装デザイナーとしても幅広く活躍中。

CASUCAの存在は、その繊細なキラメキゆえに、ドラマ『ホタルノヒカリ』の綾瀬はるかさんをはじめ、 『ラストフレンズ』の長澤まさみさんや『曲げられない女』永作博美さん、『最後から二番目の恋』の小泉今日子さん、 『医師たちの恋愛事情』の石田ゆり子さんなどが身に着けていたことで多くの女性視聴者の目を釘付けにしてきた。

そして、ランジェリーブランド『AROMATIQUE』とコラボレーションすることにより、永年にわたって温めてきた、 着心地の良さとシンプルな美しさを追求したスタイリングインナー『AROMATIQUE | CASUCA』を実現。2016年夏に満を持して発表。

< 主な作品 >
CMクライアント/
アサヒビール、資生堂、コーセー、三菱UFJ銀行、JAバンク、ライオン、LAWSON、ユニリーバ、明治、日産、江崎グリコ、ゼンハイザー、KIRIN、長崎自動車株式会社、大塚製薬、東急不動産

アート作品/
夫である伊島薫氏のシリーズ作品「最後に見た風景」のキャスティングと衣装スタイリングに15年間携わり、現在も進行中。

映画/
黒木瞳初監督作品。吉田羊、木村佳乃主演『嫌な女』
小林聡美主演『犬に名前をつける日』
多部未華子主演・綾野剛・松坂桃季・他『ピースオブケイク』
吉行和子主演『人生、いろどり』
松雪泰子主演『フラガール』
黒木瞳主演『東京タワー』
深津絵里主演『女の子ものがたり』
長澤まさみ主演『群青』
北村一輝・岸谷吾郎主演『龍が如く』
田中麗奈主演『犬と私の10の約束』
長谷川京子主演『美しい夜、残酷な朝〜box〜』
藤井隆・友近主演『シルバーストレッチ』

舞台/
『RED』『唐辛子なあいつはダンプカー』
『蛇よ』『悲しい予感』『かもめ』

ドラマ/
『山のトムさん』『パンとスープとネコ日和』『すいか』
『最後から二番目の恋』番組宣伝スポットCM
『ドン★キホーテ』『曲げられない女』『いのちの島』
『セクシーボイス&ロボ』『PS羅生門』『さいごの約束』
『対岸の彼女』『ドラゴン桜』『Mの悲劇』
『ワンダフルライフ』『光とともに〜自閉症児を抱えて〜』
『ライオン先生』『ウォーターボーイズ』『東京抜け道ガール』

アーティスト/ ELT持田香織衣装等

ユニホームデザイン/
資生堂、シュウウエムラ美容部員 ユニホーム

http://corazonltd.jp/yasuno/index.html