ようこそ、$LAST_NAME$様

ホホバオイルの正しい使い方

使い方の前に…ホホバオイルの選び方

「透明」ではなく、美しく輝く「金色」のオイルを選ぶ抽出は、コールドプレス

生産効率を上げるため加熱処理で精製された透明なホホバオイルは、ビタミンなどの有効成分が壊れてしまっていますが、非加熱のコールドプレスで抽出された、鮮やかなゴールドのホホバオイルは、天然トコフェロール、アミノ酸、ミネラル、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEが豊富に含まれています。

「パッケージ」や「商品」自体にオーガニックマークが掲載されているものを選ぶ

原料から始まり、製造工場、流通、ブランド、全ての質で商品のクオリティーは決まります。その全ての要素において、厳しい検査に合格したブランドにのみ、パッケージや商品にオーガニックマークを掲載する事が許されるのです。

オーガニックとは

汚れを出しきり更に浸透性を高め、確かな実感を得る・・・ ホホバオイルの正しい使い方

クレンジングで使う

一般的にクレンジングは軽視されがちです。
一日中メークをしたまま、外気に触れた汗や皮脂と共に汚れたまま長時間放置し、それを簡単にクレンジング、洗顔では汚れを完全に落としきれません。また、化粧品全般にオイルベースの物が大半です。
オイルはオイルを使う事により分解されます。水は水、粉は粉が合う様に同じ部類が分解しやすい。
その中でもホホバオイルは分子構造が小さく浸透力に優れ、汚れやメイクをしっかり落とすだけでなく、顔に付着した雑菌から肌を守ります。

<クレンジング方法>
たっぷりめのホホバオイルを手に取り、優しくお肌になじませる様にメイクを浮かしていきます。
(特別に濃い、アイメーク、防水マスカラ等、濃いメークは事前に専用リムーバーで除去しておきます)
先ず、ホホバオイルを額からTゾーン、頬全体から顎先へ、唇、最後にアイメークを落とす為に目元の順に適量ずつホホバオイルを手に取り、指の腹で優しくなじませていきます。
その後、洗顔料を出来るだけ泡立てて洗顔してください。

また、ホホバオイルの効果を更に高める為、入浴と共に行うオイルパックをおすすめします。
入浴は古来から動物も傷口の治癒を促すのに用いたほど新陳代謝を促進します。
クレンジングを行った後、湯船に15分ほど浸かりながらホホバオイルを手のひらに取り、顔全体を入念に優しくマッサージしてください。
そうする事により通常のクレンジングではとれない毛穴の奥に詰まった汚れや皮脂を浮かし出し、簡単に落とす事ができます(肌のリフレッシュ)。また、肌のターンオーバーを促します。
マッサージしていると肌がやわらかくなってくるのを感じます。
その後洗顔です。
洗顔料を出来るだけ泡立て顔を入念に洗顔してください。
お勧めはダブル洗顔。洗顔後、肌がキュッキュッとした感じが決め手です。

ページトップへ戻る

バスオイルとして使う

ここで実際ある女性がホホバオイルをとても上手にマッサージオイルとして用いているお話をします。
この方はバスオイルとしてホホバオイルを使い、湯船につかりながら肌が膨潤してきた頃に肩や、腕、足などにホホバオイルを塗布し入念にマッサージ。
肌が柔らかく、なめらかになるのを感じ、今や病みつきに。
ホホバオイルには多数のビタミン群、ミネラル、アミノ酸が含まれています。
ビタミン群、ミネラル、アミノ酸は、肌を潤すと同時に疲れた筋肉をほぐす事でも知られています。
更に効果を高めるには物理的な作用(入浴やマッサージ等)を行う事。浸透性が増します。

<入浴方法>
まずお湯船にお湯をはって入浴し、体を温めます。
温まったら、お湯の中でマッサージしたいところにホホバオイルを塗ります。
オイル+お湯なので伸びもとても良く、肩こりや乾燥して痒い部分など、
ゆっくり筋肉にそって揉んであげてください。あわせて顔もマッサージ。
肌を柔らげキメを整えます。翌朝の化粧乗りの良さ、潤いも実感。
最後に普通に体を洗い、洗顔を行います。
マッサージをたっぷりすることで新陳代謝を促しましょう。

ページトップへ戻る

入浴後、洗顔後、化粧水や乳液と共に使う

入浴後の水分をたっぷり含んだ時がスキンケアにとって最強のタイミングです。いくら高級なクリームであっても乾燥した手の甲にいきなり付けると皮膚の表面がクリームをはじいてしまい、表面がクリームで白くなるだけ。何と言っても肌の受け入れを良くすることが大切です。
ホホバオイルは水分ととても相性が良くすっと肌に馴染みます。
特に化粧水と馴染み易くすぐに浸透します。ベタつかず、しっかり浸透すると、後はさらっとした感触になります。

<使用方法>
入浴後、化粧水を塗布した後に3,4滴のホホバオイルを手に取りゆっくり顔の内側(中心)から外側に向かってのばします。
オイルをそのまま付ける事に抵抗がおありの方は、肌の状況によりお持ちの美容液、乳液などに2〜3滴ほど混ぜて使用するのも効果的です。
元々ホホバオイルは高級なクリームなどにも微量に含まれている事が多いのです。

赤ちゃんのスキンケアとして使う

デリケートな赤ちゃんのスキンケアに防腐剤や香料などの添加物が含まれるものを使用するのはあまり好ましくありません。ホホバオイルは、そんな赤ちゃんにも信頼してお使いいただけます。

<赤ちゃんへの使い方>
・ベビーマッサージとして使う

冷たいオイルは赤ちゃんが驚いてしまうので、適量を手に取り、まずは人肌まで温めます。その後、両手で優しく身体をなでる様にぬっていきます。あくまで、ゆっくり、優しくです。手を当てる事によるスキンシップは、赤ちゃんの精神衛生上も良いと言われています。
また、冬場には乾燥対策としてお使いいただくのもおすすめです。
・おむつによる荒れ、ポツポツへのケアとして使う
皮脂の分泌量の多い赤ちゃんは湿気の多い夏場は特におむつかぶれをしやすくなります。ホホバオイルに含まれるビタミン群は、荒れてしまったお肌のケアに最適です。適量を手に取り、人肌に温めてから気になる所に優しくなでる様にぬっていきます。
また、荒れにくくするためにぬっておくのもおすすめ。

ページトップへ戻る

ヘアケアとして -頭皮のマッサージ・抜け毛ケア-

髪の健康は地肌からと言います。抜け毛を緩和し、髪のコシ・ツヤを取り戻すには頭皮を健康にする事が大切です。
皮脂線から出た汚れが頭皮の毛穴を詰まらせ、それが抜け毛、ダメージヘアーの原因となります。その汚れをホホバオイルでマッサージをしながら浮かし出し、きれいに落としましょう。
油を落とすのは油です。
ホホバオイルは抜け毛ケア製品にも多く含有されている事で知られています。

<使用方法>
シャンプー前に、ホホバオイルをたっぷりめにつけ、髪や地肌を優しくマッサージします。
その後、蒸しタオルなどで頭髪をくるみそのまま15分ほど放置します。
時間が経ったらシャンプーで洗い流してください。

ヘアケアとして -トリートメント-

髪にツヤがなくなるのは、髪の毛が乾燥状態にあるということです。
ホホバオイルは、乾燥などで傷んだ髪に潤いを与え、紫外線から髪を守ります。
<シャンプー前のトリートメントとして使う>
(水分補給、栄養分補給)
地肌をマッサージした後、徐々に毛先まで手とコーム等を使いホホバオイルを髪に浸透させていきます。
その後、シャンプー(お勧めはダブルシャンプー)。
<アウトバストリートメントとして使う>
(ワックスエステルのコーティングで髪の水分保持)
お風呂上がりにタオルドライし、必ずドライヤーで乾かす前に少量(1〜2滴)ずつ毛先からホホバオイルを付けて(付けすぎに注意)、髪全体馴染むように優しくブラッシング。
その後、ドライヤーで乾かすとしなやかでサラサラな、こしのある髪になります。

ページトップへ戻る

かゆみやニキビケアとして使う

<かゆみケアとして使う>
刺激に弱く、ごしごし洗顔や体を洗う事の出来ない荒れたかゆみの強い肌にはオイルをたっぶりと塗り、15分ほど経ったら柔らかい布やコットンなどで、優しく拭き取ってください。洗浄と保湿を同時に行えます。

<かゆみケアまたは、ニキビケアとして使う>
ホホバオイルでクレンジングを行い洗顔、お風呂上りタオルドライ後、肌が水分をたくさん含んでいる状態の時に、適量を手に取り、オイルをのばしてください。
この状態の時に使用する事が最も長時間、お肌の乾燥やかゆみを感じずに過ごすことにつながります。
身体を洗った後、なるべく清潔な肌に使用するのがポイントです。
就寝前に再度塗布するのもおすすめです。

  • アトピーケアについて詳しく見る
  • ニキビケアについて詳しく見る

※希に、体質や使用箇所によっては最初、抗体反応の様にかゆみや軽い痛みなどが一時期的に出る場合がございます。大抵の場合、2〜3日でおさまりますが、症状が続く箇所は使用お控え直ぐに専門医にご相談ください。

日焼けのケアとして使う

日焼けには水分補給の力が痛みやほてりを素早く取り去るために必要です。ホホバオイルは水分を欲している肌に、十分な水分をとどめ皮膚を保護します。
また、ホホバオイルは高級化粧品に天然の防腐剤として配合されていたり、抗酸化作用が高い事でも知られています。
日焼けした肌はどんどんコンディションが落ち、荒れ続けていきます。
すぐに肌の水分不足をケアすることは、日焼け後に起こる乾燥肌やシミ・シワ、吹き出物などのトラブル予防にも役立ちます。

<使用方法>
気になる場所にたっぷりとホホバオイルをやさしくぬって下さい。

ページトップへ戻る

※ホホバオイルはとても安全な物質ですが、植物性オイルそのものにアレルギーがある等、希に体質や使用箇所によっては合わない場合もございますのでその場合は使用をお控えの上、直ぐに専門医にご相談ください。ご心配な方は腕内側など皮膚の柔らかい部分に10円玉大に塗り、20分放置し状態を見る、バッチテスト=アレルギーテストをおすすめします。赤みやかぶれなどがなければ使用しても大丈夫です。異常があるときは使用をお控えください。
※引用は正確ですが、あくまで、その内容の正確性について保証するものではありません。
※効果は個人差があり、効果・効能を保証するものではありません。実際に使用される場合はご自身の判断でご使用ください。